妊活中の女性のための不妊対策法

不妊症で赤ちゃんができない人が増えてる

最近妊活という言葉が流行っていますね。

 

不妊症で赤ちゃんができない人が増えてるようです。

 

ストレスや環境ホルモン、大気汚染などさまざまな不妊の要因は考えられますが、
今の日本の場合は食事によるものも影響してると言われています。

 

野菜も中国産の農薬が大量に含まれてる食品なども多く、
危険と言えます。

 

また、ストレスは男性、女性ともに不妊の原因となる場合があるので注意が必要です。

 

最近では不妊の原因の半分近くは男性側にあるとされ、
男性不妊サプリなどが売られるようになるくらい男性のストレス指数が増えており、

 

男性の場合はストレスにより精力減退などが起きるので食品やサプリでこれらの耐性を付ける必要があると言われています。

 

また女性としても血流や子宮にストレスがなんらかの影響をすると考えられているほか、
妊娠中は胎児にも影響するとされ、普段からストレスを溜め込まないような意識や環境、

 

ストレス耐性のつく食品(トンカットアリなど)をふくむ食べ物を摂るとよいと言われています。

 

また、老化すると妊娠しにくくなることから、マカサプリやクラチャイダムサプリなどに代表されるようにアルギニンを多く含む食べ物が注目され始めていると言われております。

 

アルギニンには老化防止や疲労回復効果があるとされ、不妊に悩む男性女性双方から
支持されている栄養素です。

 

そのほかにも厚生労働省も勧める葉酸も重要です。

 

葉酸不足は胎児の先天性奇形に影響したり、男性の精子の損傷を引き起こすとされているなど
葉酸は妊娠したい女性にとって必須の食品と言えます。

 

また、亜鉛なども重要で、子宮は亜鉛を多く含むため亜鉛不足は不妊になりやすいともされています。
そのほかにも亜鉛は精力増強や疲労回復などのミネラルが豊富な食品で牡蠣などは
積極的に不妊に悩む男女に食べて欲しい食べ物と言われています。

 

妊娠を意識する方はこれらの栄養素を多く含む食事を普段から心がける必要があると言われています。

 

子宮筋腫の人は不妊に注意

子宮筋腫は女性の3人に一人があるとされ、気にしないでいいという場合もあれば
非常に危険な状態になる場合もあるようです。

 

子宮筋腫があると子宮が固くなったり、デコボコしたりと精子が着床しにくくなることで
妊娠しにくいみたいですね。

 

ですので子宮筋腫があったり、毎月の生理がひどかったり生理不順が続くようであれば
一度産婦人科で子宮筋腫などがないか調べてもらった方がいいかと思います。

 

子宮に筋腫があるかどうかはエコーなどの検査でもわかります。
また子宮の筋腫によって生理がひどくなる場合があるほか、年齢を重ねるごとに
筋腫が大きくなる場合もあり、人によっては子宮を摘出しないといけない状態になることもあるので
注意が必要です。

 

不妊に悩む女性のこの子宮筋腫問題は多いそうですが、ある程度は改善できるみたいとされています、
また子宮筋腫になりやすい体質の人はストレスを溜め込みやすいとも言われています。
生活環境や家庭環境も子宮筋腫に影響してるみたいですね。

 

健康的な生活を送ることが子宮筋腫を改善する最善の方法なのかもしれませんね。

 

 

出産後の激太りに注意

妹が出産後ものすごい太っていたのでびっくりしました、もちろん姉妹とはいえ、
産後の女性に対して太ったなんて声はかけられませんでしたが、
やはり産後は太りやすくなります。

 

もちろん妊娠中はダイエットは危険なのでやってはいけないのですが、
出産すると女性は体質が変わったり、代謝が悪くなるのでダイエットなどが必要となる場合があります。

 

体型を維持するためにも出産後は体力が戻り次第産後ダイエットを行いましょう。
もちろん無理は禁物です、軽い運動などを行う程度で、できるだけ食事制限などは
行わないようにしましょう、
もちろん過度の摂り過ぎはダメですが、基本的には産後は栄養を吸収しやすくなるので
体質的にも太りやすくなること、代謝が落ちてるのでお尻なども垂れやすいことがあります。

 

子育てとダイエット、両方を維持するのは難しいのですが、少しだけでも意識を変えるだけで
のちのち代わってきます。

 

若い人の場合は比較的体型も子供を産む前と変わらないのは代謝が盛んだからですね。

 

不妊の主な原因は?

不妊の主な原因はいくつか言われていますが、やはり食事も重要と言われています。

 

体質によっては栄養を正しく補給できない人もいるので、食事だけでなく妊活サプリなどの
サプリメントから摂取することもおすすめです。

 

特に最近では野菜の栄養不足が目立つのです。

 

じつは日本の畑は何度も栽培を繰り返しているので、昔の野菜よりも
栄養が少ないと言われています。

 

土地の高い日本では畑を休めるということはあまりせず、どんどん違う野菜を育てるので
土の栄養が少なくなり、ほとんどは人口肥料でまかなっているという現状になっています。

 

もちろんこうなると正しい栄養補給ができにくいということになってしまいます。

 

特に緑黄色野菜などは葉酸を多く含んでいるため、妊娠には必須栄養素と言われていますが、
じつは葉酸は熱に弱く、実際には野菜をタップリ摂っていても葉酸不足となる場合があるのです。

 

私はたくさん野菜をとってる!

 

と思っても実際には栄養不足という状況にもなります。

 

また肉は体に良くないという認識の女性も多いのですが、
レバーなどは血を作り妊娠しやすい体にすると言われています。

 

鉄分という血液をつくるかなり重要な栄養素を含んでいるので
これらは適量をなるべく摂るようにしましょう
(レバーはビタミンAが豊富なので摂りすぎは禁物ですが)

 

葉酸をたくさん摂ろう!

葉酸はホウレンソウなどの緑黄色野菜やレバーなどに含まれるビタミンB群の一種です。

 

葉酸が不足すると男性は精子の劣化を招き、女性は貧血や赤ちゃんに対して先天性奇形の
リスクが高くなると言われています。

 

ですので葉酸をたくさん摂り、妊娠にそなえましょう。
また、葉酸と不妊の関係はまだわかってない部分も多いのですが、
一部の研究結果では葉酸をたくさん摂ることで精子が着床しやすくなると言われています。

 

これらのことからも葉酸は質の良いものをたくさん摂った方が良いとされています。

 

葉酸は厚生労働省もたくさん摂ることを勧めており、成人男女で一日200μg以上
妊娠を意識する女性で一日400μg以上を勧めています。

 

葉酸はたくさん摂っても体外に排出されるので問題ないとされていますが、
栄養素である以上過剰摂取は避けましょう。

 

厚生労働省も一日1000μgを一日の摂取の上限としています。
葉酸は熱や酸化に弱く、壊れやすいため葉酸サプリ
などから気軽に摂取することも有効と言われています。

 

妊娠を意識するなら過剰な栄養摂取は避けよう

どんな食品においてもそうですが、過剰摂取は危険です。
たとえばビタミンAは貧血がちな妊婦さんに良いとされていますが、
ビタミンAは摂りすぎると先天性の奇形を招くおそれがあるとも言われています。
また前述した葉酸も過剰摂取は問題ないとも言われていますが、
一部こちらも奇形や流産リスクが高まるとも言われています。
それにビタミンA、葉酸を多く含む鳥レバー、豚レバーについては
レバーは毒素をため込みやすい部位でもあるため、こういった意味でも
妊娠中の女性の過剰摂取は危険です。
適度に取る分は問題ないのですが、妊娠中の過剰摂取は胎児への影響も考えられるため
過剰な摂取はさけ、バランスの良い食事を意識しましょう。

 

 

産後は痔になる?

妊娠と痔の関係はあまり知られていませんがこれから妊娠を意識する方は
注意が必要です。

 

出産後は女性の場合痔になってしまう人が多いようです、出産のいきみで
血流が悪くなったりして肛門が痔になってしまうそうですね、

 

まあそれだけ出産時は体に負担がかかるのです、
もちろん人によってはすぐに治るみたいですが、もともといぼ痔や切れ痔の
人は妊娠中、出産後も痔になりやすいので注意が必要です。

 

いぼ痔の治し方は産婦人科などで相談しても大丈夫ですが、症状がひどい場合は
肛門科などで処置してもらいましょう。

 

また妊娠中に痔になってしまう人も多いようです、妊娠するとお腹が大きくなるので
肛門付近の血流が悪くなること、座ったままの姿勢が多いことがその理由です。

 

出産して運動するなどすればこれらも治るのですが、やはり注意が必要ですね。
とはいえ妊娠中に痔になってしまうと座るのも辛くなるので病院でこまめに先生に
相談しましょう。

 

いぼ痔などは場合によっては手術が必要ですが、妊娠中はあまり行わない方が
良いかと思います。